*

MicrosoftOfficeのOEM製品に注意

公開日: : 最終更新日:2015/04/27 パソコン・インターネット

前々から気になっていて、いつかブログに投稿しようと思っていたのですが、
たまたまあるサイトを見つけたのでいい機会なので、コメントしたいと思います。

ヤフーオークションなどでOfficeを検索すると大量に検索されるOEM版のOFFICE。
製品版よりも値段が安く、Officeがほしい人は飛びついてしまいたくなる製品ですね。
でもこのOEMという意味、みなさんご理解していただいておりますでしょうか?

OEM製品というのは、メーカーから出荷されたパソコンにあらかじめインストールされており、
そのパソコンのみでの使用を許可された特別なライセンスなのです。

なので、OEM版OFFICEはパソコンから切り離されて単体で使用されるということは
Microsoftの規約違反ということになります。

ほら、パッケージにも書いてありますよ。

「本製品のみの転売は禁止です。

本製品は、本製品がインストールされていたパソコンでのみ使用できます。

本製品の身をネットオークションなどで転売したり、他のパソコンで使用することはライセンス違反です。」

office2010_oem_01

ヤフーオークションなどでやたらとOEMOfficeが出回っているので、
なぜかと不思議に思っていたのですが、こんなホームページが普通に公開されているんですね。
しかも、同じ内容が複数のブログサイトで公開されていました。

以下、引用します。
------------------------

ではご紹介しましょう
その「せどり」とは・・・
・・・・・・・・
米国Microsoftが販売しているWindowsパソコン向けのOFFICEソフトの転売です

「なーんだ・・・」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
通常、OFFICE製品単体を買う場合は、「パッケージ版」を購入します。
パソコンを購入してから、OFFICE(パッケージ版)を購入するパターンですね。
これはなーんの問題もございません。

しかし・・・
一般的には、皆さんが大手家電量販店等で、パソコンを買う時に勝手に付いてくるOFFICE・・・。
いわゆる「OEM版」と呼ばれる製品。
これがキーになります。
でもねー、パソコン自体は使うけど、OFFICEは全く使わない人も中には居るわけであり・・・。

そんな人はパソコン購入代金に占めるOFFICEのソフト代金(約15000円くらい?)をMicrosoftに貢いでいる事になります

非常に悲しい現実ですね・・・。たぶん多くのパソコン購入者はこんな事考えないでしょうが。(笑)

事実、家電量販店、もしくはパソコン卸業者から直接有名メーカーのパソコンを買い取り、製品を開封してOFFICE(現在は2010)だけを抜き取り、新品開封品として、「ヤフオク」で転売する業者はたくさん居ます。

※OFFICEだけを抜き取り、パソコンは新品、その上、OFFICE代金分くらいパソコン本体の価格は安く(約10000円~安く)販売されるわけだから、OFFICEなんてイラネーって方はお買い得ですよね。

僕はこの手法を、「OFFICE抜きせどり」と呼んでいます。てゆーか、今名づけました

このせどり手法は、どこが問題かと言うと、通常、パソコン等を購入するともれなく付いて来るOFFICE製品「OEM版」は、購入したパソコン本体と同封して売るモノであり、単体で転売する事は無理・・・という事です。

しかーし

単体で売るのが無理ならば、使用価値のないパソコンパーツと一緒に売ってしまえ
という心理が生まれ、ごく普通にOEM版は、ジャンクパーツ(ガラクタ)と同封して普通に売っているのが現状です。
(Amazon含む)

まさにグレーゾーン・・・。(笑)

詳しいせどり手法はと言いますと、、、

まず、OFFICE(主に2010)付属の通常製品を購入します。
※(当然、前述したリサーチ方法で価格を調べ安く入手)

そして、開封し「OFFICE2010」を抜き取ります。そして蓋を閉めます。

その後、パソコン製品自体は新品なので、新品(OFFICE欠品)と記述して、パソコンは、仕入れ価格に近い値段で売ります。
※日付、時間帯等により、仕入れ価格と同等の値段で売る事も可能です。

あとは、抜き取った家にある不要なパソコンパーツ等とセット売りするだけです

おしまい・・・(笑)

はい、超簡単です。

もし、仕入れ価格と同等の価格でOFFICE抜き取りパソコンが売れれば、OFFICE製品分丸儲けです。
※事実、僕は何回も、仕入れ価格と同等の値段で売りました。

抜き取ったOFFICE2010(OFFICE自体が未開封の場合)の参考売値は以下の通り。

①OFFICE2010 Personal(Excel Word Onenote)=約9000円~11000円
②OFFICE2010 Home and Bussiness(PersonalにPowerPoint付)=約12000円
③OFFICE2010 2年間ライセンス版=約3000円~4500円くらい?

開封品でも「訳有り」として売れる事もあります。すごい世界ですね~・・・

OFFICEが要る人と要らない人の心理を逆手に取った、実に理にかなったせどり手法です。

いわば、需要と供給がバランスよく成り立っているので、スグ売れます。

ちなみにOFFICE単体で出品すると、「違反申告」がバンバンくるみたいですね。当然っちゃ当然です。(笑)

僕も出品時に何回か来ましたが(セット売り時に)、ヤフオクの「違反申告」については、様々な見解がありますが、僕は基本ガン無視です。

まぁ、やるかやらないかは個人の判断ですが、こんな手法もあるよーという事を今回はご紹介致しました。

——————– 引用終了。

堂々ととグレーゾーンなどと言っておりますが、グレーでも何でもなく、黒!。これはライセンス違反です。
単体で売るのが無理と自分で言っていながら、関係ない部品とセットにしたところで、同じことでしょう。
マイクロソフトがこのような売り方でOK するはずがありません。

しかも、パソコンの箱からOfficeのCDを取りだすだけなので、
新品のパソコンの中にはOfficeがインストールされたままです。

誰も使っていないはずのOfficeが知らない誰かに使われている可能性があります。

それは、パソコンを買った側もOfficeを買った側も同じことです。
もしかしたらライセンス認証が通らない可能性もあります。

要するにこの方法はせどりではなく詐欺商法だと私は思っています。

法律がどうとかいうまえにライセンス違反です。

出品するのであれば出品者は、
この製品はOEM製品のOFFCEです。単体販売をしているのでライセンス違反製品です。と、記載した上で出品するべきです。
出品者がわかっていてやっているのか、わからずにやっているのかは不明ですが、
知らないからOKということはありません。現実社会はそういうものです。

量販店などに行って売り場を見てみてください。
まともなお店ではOEM版のOfficeは販売していませんよね。

なぜ売っていないかそれは売ってはいけないからなんです。

※ただしWindowsOS製品に関してはOEM(DSP)として販売する許可がある店は販売しています。

OEMのOffice製品には手を出さない!

今日私が言いたいのはそれだけです。

なにか反響があるかな?ドキドキ。

※2014/10/25 変な改行処理が入っていたので修正しました。

ad

関連記事

no image

ノートPCはデスクトップPCとして使える

みなさん、熱中症大丈夫でしょうか?熊谷も行田市も暑くてたまりませんね。 40度超えだけはしない

記事を読む

富士通法人向けパソコン バリューシリーズ

富士通パソコンの法人向けモデル2013年下期版が、富士通より発表され、 弊社でも取り扱いが可能とな

記事を読む

no image

WindowsXPのシェアはどれくらい?

WindowsXPが発売され、すでに10年以上経過しました。 幾度となく延長されてきたWindow

記事を読む

ノートパソコンをデスクトップとして使ってみました。

以前、ノートパソコンをデスクトップとして使うという記事を書きましたが、 今の私のデスク状況

記事を読む

続 ノートパソコンをデスクトップとして使ってみました。

ノートパソコンにキーボード、マウス、そして大型の23インチディスプレイを繋いで使用をして、 しばら

記事を読む

マイナンバー。パソコンに入れる前に!!!

みなさんこんにちは。今年もすっかり師走になってしまいました、。 1年間早いものですね。

記事を読む

なんちゃってSEO対策

ホームページを持っているとやはり必要になるのが、SEO対策。 ホームページ作った以上はGOOGLE

記事を読む

no image

法人向けパソコンサービスを開始

先日から、法人向けのお客様へパソコン導入サービスを開始させていただきました。 (個人様向けはもう少

記事を読む

Windows10にしてみました!感想!

みなさんこんにちは。今年もあと残すところ1週間と少しになりました。残りわずかですが、今年はいい年だっ

記事を読む

no image

インターネットはすでに生活の一部

インターネットが普及しだしてから15年くらいたちます。 私はこのインターネットが流行りだした頃

記事を読む

ad

Comment

  1. 匿名 より:

    日本語版のOffice2010にOEMはありません。
    したがってOffice Professional 2010セットモデルの
    PCを購入しても、海外版と異なり、
    購入後のVL版、SA のみのアタッチはできません。

    OSはプリインストール、OEM(DSP)扱いに
    なりますので購入後、期間内であれば
    SAのみの購入が可能です。

  2. たぬき より:

    今年4月、オークションで中古ノートパソコンを購入しました。
    xpを「7」に買い替えるために。
    office2010が入っていて喜んでエクセルを使用していました。
    ところが、ここに来て「ライセンス認証されていません」と出るようになって、
    30日のカウントダウンが始まりました。
    あと3日で期限切れです。
    色々と検索して対策を講じようとしているのですが、
    プロダクトキーなる物が見当たりません。
    私がPCの梱包を解いた時に捨ててしまったのか、元々無かったのか。
    もう、officeを2万円前後かけて購入するしかないのでしょうか。
    こういう事にとんと疎いもので、どうすればいいのやら途方に暮れております(涙)。
    アドバイス頂けると嬉しいのですが、ただの愚痴にしかならないのでしょうか。
    あ、日付変わって、あと2日になってしまった・・・。

  3. admin より:

    おはようございます。

    メーカー製のパソコンであらかじめパソコンにOfficeがインストールされている場合、
    本来であればパソコンとOfficeは一体なので中古で販売される場合も一体で移動しなければ
    いけないはずですが、オークションの場合、Officeは切り離されている場合が多いようです。

    出品者がOfficeのトラブルを嫌ってOfficeなしとして販売する。
    または本来OEMで本体とセットでなければいけないOfficeを別の誰かに販売する(これはライセンス違反だと思います)
    理由はいろいろあるようですが。

    もしオークションの詳細にOfficeがセットでついている旨の記載があれば
    出品者に問い合わせするのがいいと思います。

    もしOfficeはついていない、Officeについての記載がない場合は
    Officeが今まで使えていたとしても本来は使えないものだったという判断をすべきかと思います。
    プロダクトキー(使用権利)がなければ使用できないということになります。

    おそらく、今回はOfficeはついていなかったのではないかと推測します。

    とりあえずの回避策。
    LibreOfficeをインストールしましょう。
    https://ja.libreoffice.org/

    使いづらい・業務に資料があるなど、問題が発生するようであれば
    そのあとOfficeを購入するかどうかを検討してみてください。

  4. たぬき より:

    ありがとうございます!
    申し訳ございません、いきなり挨拶抜きでの本題で失礼しました。
    にも関わらず、ご丁寧に教えて頂いて恐縮です。
    元々、日記とか身の回りの雑学等を記しておくだけの物なので、Microsoft Officeに拘る事もないと思っていました。
    互換性もあるという事で嬉しい限りです。
    本当にありがとうございました!(*^^*)

  5. dash より:

    Note PCなどに付属しているOfficeには、OEM版があります。
    又、このOfficeを他のPCにインストールしてもNet認証でエラーとなるはずです。
    電話での認証では最終的にオペレーターにつながりますので、この段階で認証できない旨の回答となると思います。

  6. すがり より:

    抱き合わせ販売こそが移封ですが・・・

  7. うーん より:

    販売者に欺網行為もなく、消費者も錯誤にも陥らず、とても詐欺商法とはいえないですね。
    まあ、少なくともライセンス契約違反という民事上の責任はあるかもしれませんが。
    ですが、そもそもこのような販売方法(抱き合わせ)が、消費者の立場からして適法といえるかは疑問ですね。アメリカだったら、マイクロソフトが訴えられるかもしれないですし

  8. 偉い話はやめろう より:

    プロダクトキーのみ購入すれば、普通に使えます。
    コツが必要ですが。

    あなたが金持ちなら、堂々と買っても良い話ですが、貧乏人はそんな余裕がありません!

  9. 強いものいじめはだめだよ より:

    MSオフィスは現にバラ売りもされているのだから、抱き合わせ商法には該当しないよ。

    あと、貧乏人だからライセンス違反してもよいというのは、間違いでしょう。

  10. aaa より:

    PC自作者にとってOEMは当たり前。MSが暴利を貪るから
    客はOEMに手を出す。MSは反省しろ~。

  11.   より:

    PC自作者にとってOEMはOSであれば当たり前ですが、Office製品は当たり前とは言えません。そもそもOSは許可を受けた店舗が販売している正規品を購入するべきで、それが嫌なら中古でも購入するべきです。Officeは365がありますから、割れをする位なら必要に応じて365を使うべきです。割れを許容するのは餓鬼の発想で、そんな論理を通そうとすること自体、論外です。

  12. サナグ より:

    あの~、お聞きしたいのですが?
    私はオフィスが入ってなかったので、ネット
    で、オフィスパーソナル2013 OEM版と
    いうのを購入したのですが…
    インストールしない方がいいのでしょうか?
    また、電話は使えないので、他の方法で
    問い合わせる事は出来ないのでしょうか?
    ご教示、よろしくお願い致します。

  13. より:

    割れ厨、割れ厨うるさい人達ですね。
    本来割れとは違法コピーソフトやネットで違法にアップロードされたソフトをダウンロードしたり、体験版を無期限で使えるようにする行為です。
    2chやまとめサイトばかり見て言葉の誤用を広げるのはやめましょう。

  14. より:

    ライセンスは民事で刑事ではないのだが、
    法律よりライセンスを守ることが大事とでもいいたいのか?

    ちなみにOfficeに付属するフォントは商用利用禁止だからな?
    知られてないから守られていないのが現状だがね。

    今の時代は偽善者ばかりですよ、皆がマイクロソフトのOEM版を買おうとマイクロソフトが潰れる訳でもないのに。昔はコピーロックのかかっていないフロッピーをコピーしたところで誰もお咎める人は居なかったです。今は
    JASRACの音楽教室料金徴収発表でJASRACを擁護する人が出る始末。JASRACの行った強引な徴収は証拠が無いので嘘とかいう人までいます。
    著作権原理主義者の末路ですね。

    そして、OpenOfficeやKingSoftOfficeと完全互換になるようにマイクロソフト側から歩み寄らないのは相変わらず問題ですね。
    互換性の問題で実質的に市場を独占しているだけですし。

  15. おれ より:

    話が長いわ!

    よくもこんな脈略もない話を延々と書けるものだw

    要点を書けカス!

  16. 通りすがり より:

    別のこと調べてたのにこんな無駄なブログが上位に出てきたから憂さ晴らし。

    ちなみに2010はプリインストされてるofficeにはダミーのプロダクトキーしか入ってない。だから購入後に自分でライセンス認証しなければいけない。
    2007はライセンス認証する必要無いが、officeのディスク側に付属しているキーで認証されているわけではないから問題無し。

    キージェネで生成されたキーでも、コピーされたディスクでもないんだから
    「OEMのOffice製品には手を出さない!」
    って結論に至った理由が意味わからんかった。

    オクなどでキーのみ購入した場合でも、MS直下からDLした
    ソフトを使用する、再インストールは諦める(認証可能なのは1回のみ)ってことを理解していれば問題無い。

    さて、亀長文失礼。
    探し物に戻りますわ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

芝生に挑戦してみました(その2)

3月上旬に芝張りを終え、 最初のうちは水管理が大切という事で、で

芝生に挑戦してみました。(その1)

みなさん。こんにちは。 前回の家を建てた記事からしばらく間が空い

no image
家を建てます! 第3話 家ができた!そして引っ越しへ

早いもので平成29年もあと数日を残すところとなりました。私事ではござい

no image
家を建てます! 第2話 家の建築が始まりました。

お待ちかねの第2話です。といっても、かなり順調に進んでいるので話として

エアコン取り付け研修に参加してきました

先日、ルームエアコンの取り付け講習会に参加してきました。弊社ではルーム

→もっと見る

PAGE TOP ↑